コンサルタントメンバーの紹介

各専門家として活躍されている皆さんです。コンサルティング内容の問い合わせや費用についても遠慮なく問い合わせください。

  • HOME
  • レビュー
  • 経営改善・事業承継コンサルタント 山本 誉(やまもと ほまれ)

山本 誉 経営改善・事業承継コンサルタント

経営改善・事業承継コンサルタント 山本 誉(やまもと ほまれ)

経営改善・事業承継コンサルタント/MBA(会計学)/認定事業再生士(CTP) 山本経営研究所・所長
1966年大阪市生まれ。
海上保安大学校、横浜国立大学大学院(国際経済法学修士)、LEC会計大学院(会計学MBA)修了。
大阪府立大手前高校卒業後、海上勤務等に憧れ、海上保安大学校に入学。同校を首席で卒業後、北方領土パトロールの巡視船勤務等を経験。その後、横浜国立大学大学院に国内留学しエリートコースを歩むも、当初からの船酔いを克服できず。陸上で仕事ができ、もち前の計数能力をいかそうと税理士・コンサルタントを目指し30歳で同庁退職。
1998年、会計事務所系証券会社に転職。土日返上、寝ないで支援した、サイボウズ、篠崎屋、ギグワークス等のベンチャー企業が次々と「上場ブーム」に乗って上場する。この成功体験から、ヒト・モノ・カネ・実績等、まったく何もないベンチャー企業に直接入って支援する道を選ぶ。しかし、ベンチャー企業の実情は厳しく、金融機関、投資家、取引先等に対して、資金繰りのため頭を下げて回る毎日。資金が枯渇すると自身でもお金を入れ、給料3か月以上未払いも。生活に困窮し眠れない日々を過ごしながらも、この10年の経験により、ベンチャー・中小企業の経営の実態と成長策を体得する。
2008年のリーマン・ショックを契機に、ベンチャー企業を取り巻く環境が厳しくなる。そのため、上場企業で経営経験を積みたいと思い、(株)東北新社(JASDAQ上場)に入社。財務・経理部課長として、約300億円のグループ資金管理、四半期決算業務等を担当。
2013年、安定した上場企業の組織生活に物足りなさを感じ、ベンチャー支援の経験をもとに経営改善・事業承継コンサルタントとして独立。飲食店を含む100社以上の経営改善、事業引き継ぎの相談・対応に携わる。
見た目のクールさとは真逆な人情もろい性格。「助かる道はいくつもある」「誰も引き受けないからやる」というのが海保時代からの信条。「もう駄目かと思っていたが山本さんに救われた」という声も多い。クライアントの気持ちに寄り添いつつ解決を目指す独特のスタイルが特徴。お酒が入ると途端に人懐っこくなる。趣味の将棋は五段。

出版予定著書『中小企業の実効的経営計画策定手法』(中央経済社・2020年12月下旬発行予定)